星 知美 が投稿した記事一覧

めまいと漢方~原因不明のめまいが2週間で改善!~

2019年3月20日

自律神経失調症と漢方

めまいと漢方~原因不明のめまいが2週間で改善!~

突然のグルグルめまい、そこから不調続き…

めまいでお悩みの方は少なくありません。色白で小柄な女性もその一人でした。

2週間前、胃が痛くなり一晩中眠れなかったのが不調の始まり。翌日には突然グルグルめまいがして立っていられない状態。血圧が普段より高くなっており、病院で血液検査とMRIをとったが異常はないとのこと。ひとまず処方されたお薬を飲んで、次の日はなんとか歩くことができるくらいに。3~4日経つと、グルグル感は落ち着いてきて・・・でも、代わりに別の不調が現れ始めました。疲れるとふわふわと雲の上を歩いている感じがしたり、1日中ボーっとして眠気が抜けない感じ、いつもだったら平気なことでもすぐに疲れるようになりました。そして、更年期の時にあったようなホットフラッシュも1日に10回くらい起きるようになりました。

この2週間でこんなにも色々起こるなんて、今考えると、大きなストレスがあったのが要因かもしれない…自分はまだまだ大丈夫だと思って頑張りすぎてしまったそうです。

【体質】

疲れやすい、風邪をひきやすい、寒がり、足の冷え、寝汗、肩・首・背中のこり、足のむくみ、鼻水出やすい、肌の乾燥で痒み、目の下のくま、爪が割れやすい、疲れると頭痛、口渇(熱飲)、ちょっと食べると胃が痛い、夜間尿2~3回、熟睡できない、舌:厚白苔、歯痕あり

■西洋医学的なめまいの原因

めまいの出方は2パターン。

○回転性めまい・・・自分や周りがぐるぐる回るように感じるめまい

○浮動性めまい・・・グラグラ・ふわふわ、揺れるようなめまい、立ちくらみ

 

めまいが起こる主な要因は、平衡感覚をコントロールする機能のどこかに問題が生じた時です。平衡感覚に関わるのは、位置情報をキャッチする「感覚器官」(耳、目、手足など)と、その情報を受けて指令を出す「脳」です。複数の感覚器官からの情報を処理して、平衡感覚が保たれていますが、その情報がちぐはぐな場合、「脳」は正しい平衡が分からなくなり、めまいが起こります。めまいの原因は、問題が起きている場所によって大きく3種類に分けられます。

が原因のもの・・・良性発作性頭位めまい、メニエール、前庭神経炎、突発性難聴など

が原因のもの・・・脳梗塞、脳出血、脳腫瘍など

耳や脳以外のもの・・・頚性めまい、高血圧、低血圧、貧血、肝機能障害、甲状腺機能低下、自律神経、ホルモンバランスの崩れ、心因性ショック、過労、発熱、薬剤性など

 

この中で最も多いのは、耳が原因となるめまいです。耳には、平衡感覚を感知するために特に重要な、三半規管や耳石器があります。その為、炎症や水腫など耳で何かしらの問題が起こると、めまいにつながりやすいです。一方、診断がつかないめまいも多く、20%ほどあるようです。

引用:めまいプロ めまいと上手につきあう心得

めまいの治療は、その原因となっている疾患の治療を行います。その為、治療法は様々です。

○耳が原因のもの・・・良性発作性頭位めまいでは、耳石を元の位置に戻すリハビリ。メニエールでは水腫を除く利尿剤、前庭神経炎、突発性難聴には炎症を抑えるステロイド、など。めまい発作の急性期には、前庭機能抑制薬、制吐剤、精神安定剤などめまいを鎮めるための対症療法を行う。

○脳が原因のもの・・・腫瘍や緊急の場合は外科的手術、血栓による場合は血栓溶解療法、予防に脳循環改善薬など。

■漢方的に見た「めまい」の要因

気血不足・・・気が不足すると脳へエネルギーが届かず、神経の伝達が鈍ることで、めまいを起こす。また、血不足により脳を滋養できなけれ、栄養の欠乏状態からめまいに。気不足、血不足は連動して起こることが多い。このタイプのめまいは、体力がない人に多く、活動すると悪化する。ふわふわ、くらっと倒れそうなめまい。

腎精不足・・・脳を満たす「髄液」、これは「腎精」から作られる。加齢などで「腎」の力が弱くなると、髄液を十分に届けられず、脳の働きが弱くなっていく。物忘れ、難聴、低音の耳鳴りなどと共にあらわれてくる。くらくら、ぼーっと意識が遠のくようなめまい。

痰濁中阻・・・「脾」や「肺」が代謝できずに滞った水は、どろっとした性質の「痰濁(痰湿)」となり、気血の通り道を塞ぐ。巡りが悪く、きれいな気血が脳へ届かないため、ぼんやりするめまいを起こす。「痰濁」という錘(おもり)を抱えているため、体が重だるく、頭重感、気圧変化で頭痛、胸辺りの痞え感、口の粘つきなどを伴う。「痰濁」があると嘔吐を伴う。

肝陽上亢・・・「肝」は気の巡りをコントロールするところ。興奮気味な人、ストレス、季節の変わり目など、「肝」の陰陽のバランスが崩れると、陽気が異常な急上昇に走り、血圧上昇、頭痛、のぼせ、めまい、高音の耳鳴りなど上部の熱症状を起こす。突然、立っていられないくらい激しく出るめまいが多い。

瘀血内阻・・・「瘀血」は血流の滞り。血の質も、巡りも悪い状態。血をどろどろさせる食生活や運動不足、冷え、他に、打撲など外傷でも「瘀血」が作られる。「瘀血」は気の巡りも妨げる。脳へ気血がスムーズに届かないため、めまい、立ち眩みを起こす。特定の場所に激痛が生じたり、急な体勢変化でめまいが起こりやすい。脳卒中はこのタイプ。

■症例の経過

この方は、もともと胃が強いほうではなく、体力もありませんでした。胃は飲食物を消化してエネルギーを取り込んだり、水分を捌いたりするところ。この消化吸収や分配する働きが弱い「脾虚」のために、水分がうまく代謝できず、余分な水が溜まりやすくなっていました。そこにストレスや疲れがのしかかり、さらに拍車をかけてしまったのでしょう。「脾」では過剰な水(痰濁)を溜め、他方では、過度のストレスが「肝」の働きを失調させ、エネルギーの流れを逆流させた結果(肝陽上亢)、痰濁を頭部へと押し上げ、血圧上昇とともにめまいを起こしたのだと思います。めまいが落ち着いた後も、頭部に残った痰濁は、血流を妨げて、ふわふわ感、眠気、ぼーっとする感じを招いたり、ホットフラッシュの汗としてあふれ出る元になっていました。

そこで、「脾」の水分代謝を助け、「肝気」の流れを下へと戻す働きがある漢方を飲んでいただいたところ、2週間後には、めまいも疲れもホットフラッシュもすっかり良くなりました。

 

症状が出てから長引かせずに早めに漢方を飲んでいただいたことで治りも早かったのだと思います。不調は、体からの「ヘルプ」のサイン。放っておかずに早めの対処が大切です。

 

※関連記事

肝風内動(かんふうないどう)によるめまい・動悸

めまい、耳鳴り、頭痛には熄風剤(そくふうざい)

耳鳴りと不安神経症

自律神経失調症を克服するために今すぐできる「呼吸法」


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。

体外受精の準備中に…自然妊娠!!

2018年9月21日

妊娠体験談

体外受精の準備中に…自然妊娠!!

病院では問題ないと言われるけれど…

始めてお会いした時は、とにかくご不安で、ご自分に自信が持てないご様子でした。とても真面目できっちりしないと気が済まない性格なうえ、ご主人は年下ということもあり、赤ちゃんができないのは自分のせいと責めていました。40歳を目前に、どうしたら良いのか分からない不安と焦りに押しつぶされそうだったのだと思います。

 

実は一年前、結婚後すぐ陽性反応が出たことがありましたが、喜びも束の間に流産。そのショックから眠れなくなり、いまだ気分が不安定でそわそわする状態でした。

 

病院での検査では、妊娠にあたり問題は特にないとのこと。一方、自覚としては、生理がぱっと始まらず、経血が減ってきている。低温期が短めで、排卵が早い。

 

体質は、疲れやすい、貧血気味、足の冷え・むくみ、肩・首・背中のこり、目の下のクマ、立ちくらみ、めまい、低音の耳鳴り、口内炎ができやすい、動悸(時々)、緊張すると便秘と下痢を繰り返す、お通じ緩め、お小水の回数多い、夜間尿2~3回、生理前に下痢・胃痛・おなかの張りがある

■着床へ導く「肝」の柔軟性と「腎」の生命力

この方の場合、とても真面目で緊張しやすい性格から、「肝」の働きが乱れやすくなっていました。その為、「気」が滞りやすく、そのことが「血」の巡り、子宮の柔軟性を邪魔していました。緊張でガチガチの子宮のベッドには、卵もなかなか着床しにくいものです。

また、経血や排卵周期の変化、夜間尿など、生命力を担う根本の「腎」の力が弱くなっている部分も見られました。新しい命をつくるということは、そこへ自分の生命エネルギーを伝えるということ。生命力が充分にあってこそ、新たな命に引き継がれます。

そこで、「肝」を整えて気の巡りを良くするもの、そして、「腎」に備わる生命力を高めていくものを飲んでいただきました。

■経過

1ヶ月後 だんだん高温期がきれいにそろってきた。気持ちが前向きになってきた。

2ヶ月後 低温期が延びてきた。

4か月後 病院への通院を再開し、急遽、体外受精をすることに。無事採卵を終え、卵を凍結。いよいよ移植へと近づいていた頃・・・陽性反応が出た!!

自然妊娠でした。でも心配なのが、少し出血があるとのこと。

胎児は、〝生命エネルギーが宿った血の塊“です。その〝血”を、しっかり留めなくてはなりません。そこで、止血作用を高め、胎児をまもる漢方を飲んで頂きました。

現在、出血は止まり、妊娠継続中です。

 

この方は、お会いする度に、ご自分に自信が持てるようになっていました。

改善できる事に着実に取り組まれ、その成果が基礎体温に現れてきた事、それと同時に、ご自分を褒める習慣を続けたことが、自信につながったのかなと思います。

その自信は、これから出会うかもしれない数々の壁も、越える力になるはずです!

 

関連記事

卵子も老化する

誰でもできる卵子の質をあげる方法

妊娠の鍵は衝脈・任脈の衝任二脈(しょうにんにみゃく)

妊娠に影響する真面目すぎる性格

 

漢方みず堂ホームページ:「不妊症と漢方」~妊娠しやすいカラダ作り~

40歳以上の妊娠体験談:「40歳以上の妊娠体験談」


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。

すごい!すごい!6ヶ月で-10kg痩せた!

2018年6月8日

漢方ダイエット

すごい!すごい!6ヶ月で-10kg痩せた!

3年前は60キロだった体重が、2年前は63キロ、昨年は68キロ。

40代の女性の方。2年前に職場が変わり、食べる量は変わっていないのに、夕食が遅くなり甘いものも大好きで、急に体重が増えてしまいました。

筋トレやウォーキングを頑張っていますがあまり落ちません。ズボンも太ももで止まってしまい買えません・・・

朝はダイエットのためにバナナとヨーグルト、お昼は菓子パンやおにぎり、サンドイッチなど炭水化物が中心。夜は8時ごろにお肉中心。そして夕食後にお子様とアイスを食べるのが毎日のお楽しみでした。

漢方みず堂のダイエットは漢方で痩せやすく太りにくいお体づくりをしながら、お食事もしっかり整えていただきます。

以前、お食事の置き換えダイエットをしたときは空腹で目が覚めてしまったり、生理がダラダラ2週間続いたので食事を変えるということにご不安がありました。しかし、この食生活を変えない限り、ダイエットはできないことをご本人も重々分かっていらっしゃいました。だからこそ、「頑張ります!」と始めていただきました。

 

お血と痰湿

体質は、子宮筋腫小さいのが2個、貧血気味、暑がり、足の冷え、汗かき、立ちくらみ、生理周期20日、血塊あり。
ダイエット開始時は主に痰湿を改善する漢方薬、後々、お血を解消する漢方薬と半々で飲んでいただきました。

嬉しい反響

5日後、2kgくらい減っている。アイスはやめて氷を食べています。

8日後、見たことのない体重になっています!体重-2.2kg、体脂肪率-3.2%!

3日目までは空腹感がありましたが、それを乗りこえたら大丈夫。ご主人様にお肌がプリッとしてると言われたと嬉しそうでした。こういった周りからの反響が、何よりもダイエットには心の支えになりますね。

1ヵ月後、体重-4.8kg、新しいズボンが買えました!

3ヶ月半後、-8.8kg、体脂肪率-6.3%、ついに50kg台になりました!顔が細くなったね。と言われ、ご自身でも自信がついてイライラしなくなったそうです。

6ヵ月後、ついに-10kg達成!

初めの頃は、背筋が丸まり自信のなさそうな感じでしたが、体重が減るにつれ背筋もピンとし堂々とした後姿に変わっていきました。

停滞期も、ご来店日にはがんばって少しでも体重を減らしてきてくださいました。

体重が減るたびに大喜びで、笑うとあばら骨を感じるんです!ベルトの穴が2個小さくなりました!すごい!すごい!と本当に素直に喜びを表現され、こちらもいつも元気をいただいています。

ご主人様も一緒にダイエットされご夫婦で目標を達成され、お子様もお菓子をあまり食べなくなったそうです。

お仕事も家事もダイエットも本当にがんばっています。

お母様のダイエットがご家族の幸せにも繋がっているのだな。と感じさせていただきました。

 

漢方みず堂公式HP「漢方ダイエット特集」

<ダイエットになぜ漢方なの?><漢方的肥満の原因・体験談><ダイエット漢方の中身を見てみよう!><漢方ダイエットの方法・流れ>

 

 

 

 

 

 

 

 


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。
12...9