ママになるための基本・・・気血を蓄えて、卵子の質UP!

2019年1月30日

40歳以上の妊娠体験談

ママになるための基本・・・気血を蓄えて、卵子の質UP!

流産のダメージから抜け出して、前に進みたい

40才を間近に控えた女性。2年ほど前から二人目のお子様を望まれていました。1年前から病院で治療をスタートし、年齢を考慮し早めのステップアップで3ヶ月前に体外受精に挑戦。順調に進み、妊娠反応が出たものの、9週で流産してしまったそうです。

その時からイライラしたり、悲しくなったり、気持ちが不安定で何も楽しく思えない。さらに、治療を始めた頃から出てきた手荒れや頭の湿疹が、段々ひどくなっている。心も体も崩れてしまったよう。どうにか負のループから抜け出して、また治療を再開できるよう元気を取り戻したい。

 

体質は 疲れやすい、貧血気味、寒がり、肩・首こり、足がむくむ、乾燥肌、目の下のくま、あざができやすい、季節の変わり目は鼻づまり、口喝、お通じは固めだがストレスで便秘や下痢に腹痛も伴う、不安になると動悸、夢をよくみる、熟睡感なし、生理は30日周期、期間は8~9日で、後半はほんの少量がだらだら続く、生理痛あり、時々頭痛や吐き気もあり。

  • 妊娠の為の最低条件は、“気血”の充足

漢方の考え方では、赤ちゃんは“気”(エネルギー)と“血”(栄養)のかたまりです。普通に考えてみると、材料がなければどんな技術をもってしても何かを形作ることはできませんよね。ですので、妊娠する為にはまず、お母さんの“気血”が十分に満ちていることが大切です。お母さん自身の気血が十分にあってこそ、次の命へと引き継ぐことができます。しかも、妊娠の後には、お腹の中で赤ちゃんを育て、出産、子育てという大仕事が続きます。そのいずれも“気血”を沢山必要とします。その環境が整ってこそ、妊娠を継続させることができ、体調を崩さずに出産・育児を頑張る力になります。

 

この方の場合、元々の体質に加え、治療と流産によっても“気血”を消耗し、新しい命へつなぐどころか、自分自身を養う“気血”さえも不足していました。その結果として、肌を滋養できずに肌荒れや湿疹が出てきたり、情緒を司る「心」が弱り、気持ちの不安定さ、動悸なども表れてきていました。

まずは、この不足している気血をしっかり補っていくことが最優先です。「妊娠する力」は元々備わっているもの。必要な気血が蓄えられたとき、自然と本来の力は発揮されます。

  • 積み重ねたことが、体の力になる!

良くなりたいと始めたのに、気力がなくて漢方を煎じることができない。こんなこともできない自分に余計落ち込む・・・

初めの3ヶ月はご連絡を取りながら、とにかく励まし続ける日々でした。漢方は煎じ薬から粉薬に変更して、飲める時に飲むようにと頑張っていただきました。

そうやって少しずつ飲める日が増えてきて、それとともに徐々に気持ちも上がってきました。しばらくして不妊治療を再開。そこから約2年、お仕事のこと、家庭のこと、ご自身の気持ちのこと等、その都度その都度でご様子を聞かせていただきながら、一歩一歩進んできました。

そして、先日無事に女の子をご出産!

その間に体外受精は3回実施、3回目の2個目の凍結胚移植でご妊娠。妊娠が分かった後も、流産の経験があるため、不安はなくなりません。大切な小さい命を安心してお腹の中で育てるために、安胎薬に変えて“気血”を補い続けました。

 

3回の体外受精を振り返ってみてみると、

1回目 採卵8個→受精卵2個→胎盤胞1個凍結

2回目 採卵9個→受精卵4個→胎盤胞1個凍結

3回目 採卵11個→受精卵7個→胎盤胞3個凍結

受精する確率も、胎盤胞まで育つ卵の数も増えていきました。

人間の細胞は毎日生まれ変わります。毎日漢方を服用し続けることで、細胞ひとつひとつに漢方が行き渡り、その元気になった細胞で私達の身体が作られます。一般に年齢とともに卵子の質は低下するという事実はありますが、良い事を重ねた分だけ、体も良い方へ向かいます。その良い事の一つとして、漢方はきっとお役に立てると信じています。多くの妊娠を望む女性が幸せになりますように!

 

漢方みず堂ヴァインドラッグ末吉薬局店 山城 奈央

 

漢方みず堂ホームページ:赤ちゃんが欲しい方へ

 

※関連記事

妊娠の鍵は衝脈・任脈の衝任二脈(しょうにんにみゃく)

化学的流産は良い兆候

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)と漢方

2019年1月28日

PMSと漢方

月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)と漢方

 西洋医学での定義・診断・治療

月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)の定義・原因

日本産科婦人科学会でPMSは「月経前、3〜10日の黄体期のあいだ続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの」と定義されています。それに対して米国精神医学会は「単なる精神疾患の悪化でない、月経前に繰り返される気分変調」を月経前不快気分障害(PMDD)としています。PMDD は抑うつなどの精神症状を伴う最重症型の PMS として位置づけられています。特に精神症状が重いのがPMDDです。

生理のある女性の70〜85% は黄体期から月経にかけて何らかの症状を自覚しますが、5〜10%は実際に治療が必要とされる重症 PMS・PMDDであると言われています。

原因ははっきりとはわかっていません。黄体期の後半(生理の前)に黄体ホルモンが急激に下がることで脳内ホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすと考えられています。

参照 日本産科婦人科学会雑誌64巻9号N-117

代表的な症状

図1

MSDマニュアル プロフェッショナル版より改変

症状はひとつとは限らず、同時に複数現れます。イライラ、のぼせ、下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、頭痛、乳房痛、落ち着きがない、憂鬱の順に多いとされています。特に精神症状が強い場合には、絶望感や自殺願望が現れることもあり、PMDDと診断されます。

分かってもらえないという苦しみ

多くの女性が経験しているPMS・PMDDですが、男性の認知度はわずか1割程度。生理痛の認知度が7割を超えるのに対し、認知度が低いのが現状です。6割近くの女性が、周囲に理解してもらえずストレスに感じています。(2012 年 PMS(月経前症候群)*に関する男女の意識調査

診断・治療

診断は、問診やアンケートでの評価が中心です。他の疾患を否定するための血液検査や経腟エコーを行うこともあります。PMDDに関してはより厳密な診断基準があります。

治療に関しては、日本産科婦人科学会のガイドライン上、カウンセリング・生活指導や薬物療法(精神安定剤、利尿剤、鎮痛剤、漢方等)を選択することが推奨されています。また、低用量ピルを使うことを考慮することも勧められています。

 

PMS・PMDDで処方される薬の例

図1

産婦人科診療ガイドラインー婦人科外来編2017より改変 

ただ、原因がはっきりとわかっていない以上、これらの薬物は対処療法であるといえます。

また、同ガイドラインでは根拠がないとしながらも漢方薬を証に合わせて使うことも明記されており、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散、桃核承気湯、女神散、抑肝散を挙げています。

中医学での原因

婦人を見たら肝病を疑え

中医学では、体内を肝・心・脾・肺・腎という5つのグループに分けて考えます。解剖的な内臓としての意味だけでなく、人体の働きや機能を5つに分類したものです。この五臓は、お互いに助けたり(相生)、抑制したり(相克)しながらバランスを保っており、それが乱れることで体調不良や病気になると考えます。

 

五臓_img

 

「肝」は五行論では「木」の性質があり、血を蔵し、全身の流れをつかさどっています。精神情緒の活動を調節したり、気や血を通じさせる作用があるのです。のびのびとしているのが好きですが、一方で塞ぎ込みやすいという性質もあります。

子宮は「血海」という経絡の集合している場所とつながっています。字の通り、生理周期によって血が海のように満ち干きします。中医学では生理や妊娠などの異常は血海の異常と考えます。

肝は血を蔵してその分布にも関わっていますので、血海とも非常に深い関係です。肝の伸びやかさが失われ気血が滞れば、血海にも影響が出て、生理などの異常につながることがあります。また、生理前の血海は満ちているときに、パンパンに張って緊張しがちです。そうすると、肝の伸びやかさが失われ、精神情緒へ影響が出たり、全身の気血が滞ることで様々な不調が出てくるのです。その際、鬱々とした肝から熱が発生することがあります(肝鬱化火)。その熱がのぼせとして現れたり、他の臓、経絡へ波及して症状が出ることがあります。そして生理が始まり血海が空になるとその緊張は解け、症状はなくなっていきます。

また、肝は胃腸とも関係しているので(相克)、生理周期によって食欲が増減したり、お通じが不安定になったりすることがありますし、乳房痛なども胃腸と肝の経絡の連絡がうまくいかずに起こります。心とは相生の関係ですので、その関係に影響が出ると、動悸や不眠、判断力低下、パニックなどの症状が現れることがあります。

高名な中医学の先生の中には、「婦人をみたら肝病を疑え」や「肝は女性の先天だ(女性の本質は肝にある)」と言った方もいるほど、女性の健康にとって「肝」は非常に重要なのです。

中医学での治療

「肝」が原因ではありますが、肝の不調がどこにどのように起こっているのかによって使う漢方は様々です。大きく実証・中間証・虚証タイプに分けて、代表的な漢方を一部ご紹介します。

実証

<桃核承気湯> 血の滞りが強く、のぼせ、イライラ、動悸、便秘、生理前にシミが濃くなる。

<通導散> 血の滞りが強く、桃核承気湯より気の滞りが強い方。

<大柴胡湯> 気の滞りが強く、肝鬱化火がある。膨満感、イライラ、悪心や胃の痛み。

<黄連解毒湯> 熱を冷ます処方。のぼせやほてり、イライラ、充血、不眠、鼻血。

中間証

<桂枝茯苓丸(加薏苡仁)> 血の滞りがある。腫瘍がある場合にも。冷えのぼせ、下腹部痛。

<柴苓湯> 小柴胡湯+五苓散。肝鬱化火があり、水分も滞っている方に。血を補うものがないので、血虚には単独で用いない。

<芍薬甘草湯> 引きつりや、引きつるような痛み、痙攣に頓服で使用。

虚証

<加味逍遙散(合四物湯)> 気血が虚しているものの、肝鬱化火。お通じが不安定(緊張などで便秘や下痢になるなど)など肝脾不和がみられるもの。

<女神散> 気血が虚していているものの、気の滞り、肝鬱化火。便秘。

<柴胡桂枝乾姜湯> 神経を安定させる作用がある。肝鬱化火。不安感、焦燥感、不眠、動悸。

<抑肝散(加陳皮半夏)> 少し気血が虚しているものの、歯ぎしり、めまい、痙攣、不眠。

<加味帰脾湯> 胃腸が弱く、気血が虚しているものの、不眠、不安、動悸など。出血傾向。

<当帰芍薬散> 血が不足しているために血行不良になっているものの、冷え症、めまい、むくみ、生理不順など。

<(柴芍/香砂)六君子湯> 普段から胃腸が弱く、下痢をするもの。また、食欲の低下しやすいもの。

 

漢方で改善した実例

人格が変わるほどひどかったPMDDが数ヶ月で軽減

31歳。人から憧れられる、そして、夢中になれる仕事ゆえに、いつも全力投球。休みなく働いていました。体調管理も気をつけているし、健康に関する勉強もしているのに・・・。そんな頑張り屋の女性のお話です。

いつの頃からか生理前は、イライラ。だんだんとそれが制御できないほどひどくなり、他人にも物にもキレてしまう。そして自己嫌悪。訳もなく涙が止まらず、何もかもが嫌になり、全てを捨てていなくなってしまいたくなる気持ちに。そんな辛い状態が毎月やってきました。何とか改善したくて、仕事もやめ、田舎暮らしをしてみたり、健康道場のところへいったり、良いと思うのもは全て取り入れたけど改善の兆しは見えず、最後の砦という気持ちで漢方に辿りつきました。

最初にお話をお伺いした時、あまりに頑張りすぎていて体が悲鳴をあげている、と感じました。やはり「肝」の異常です。この方の場合、西洋医学的にも貧血があり、肝に蓄えられている血が少なく、さらに過労で血を消耗し続け、なかなかそれを補うことができない状況がベースにありました。そこに生理前と、緊張が加わり、「肝」の伸びやかさが失われ、緊迫し、自律神経や情緒に影響したのです。

漢方は、肝をのびやかにさせるもの、そして消耗した「血」を補うものをおのみいただきました。スタートして2ヶ月目には心身共に軽くなり、4ヶ月目にはイライラもほとんどなくなり、キープしています。そして、食べ物も自然と甘いものやお肉を食べたいと思わなくなりました。砂糖とお肉はマクロビの世界では、極陰と極陽。真逆の性質があります。食べすぎはよくありません。体のバランスがとれていくことで、食べるもののバランスも自然と良くなりました。

そして、大事なのは気持ちの事。初めてお会いした日からずっと「自分を認めること」をお話し続けました。調子が悪いのも大丈夫。うまくいかないことがあっても大丈夫。全部無駄な事はありません。白黒ハッキリつけたり、良いこと以外はすべてダメだと答えを決めてしまったり、あまり窮屈になることは心にとって良くないこともあります。心身一如、心と体はつながっています。サインを見逃さず、自分を認めることで健やかに人生を過ごしていきたいですね。

 

漢方みず堂杏林堂薬局ピーワンプラザ天王店 大森 康次

 

この食欲が怖い〜産後のPMSに悩む〜

生理前のイライラ・ニキビ・便秘に漢方!

PMSには疏肝解鬱(そかんかいうつ)

これってPMS?ひと月の半分が不調


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

大人にきび撲滅!~化膿して痛い赤にきびは「血熱」が原因~

2018年12月11日

ニキビと漢方

大人にきび撲滅!~化膿して痛い赤にきびは「血熱」が原因~

肌が大荒れ…この不快感とストレスから開放されたい!

多忙な日々を過ごしているという30代女性、お悩みはここ数ヶ月続く肌荒れ。頬や顎などに吹き出物ができ、赤く膨れ、化膿して痛む。いわゆる“大人にきび”に悩まされていました。1ヶ月程前から、肌荒れに効くという漢方薬を飲んでみたが変化はなく、ちゃんと体質に合ったもので根本から改善したい!ということでした。

元々、疲れた時や生理前になると顔に吹き出物ができやすく、以前にも一時的に荒れた事があったそう。ですが今回は、今までにないくらいひどい。肌荒れが長く続く事へのストレスに加え、一向に治まる気配がないことから、もしかして身体の中で何か悪いことが起こっているのでは?という不安が湧き上がっていました。

 

体質は、疲れやすい、貧血気味、手足の冷え、汗かき、肩・首・背中の凝り、疲れると側頭部痛、ボーっとする、高音の耳鳴り、鼻炎、喉のつかえ感、胃のムカムカ、お通じは1週間に1~2回で硬い、生理周期28日、子宮筋腫が数個ある

◆尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)

多くの方が一度は経験する尋常性痤瘡。巷では、思春期にできるものは「にきび」、それ以降は「吹き出物」「大人にきび」といわれますが、医学的には「尋常性痤瘡」という同じものに分類されます。

尋常性痤瘡は、毛穴に炎症が起こって隆起したもので、顔や背中、胸などに現れやすいです。炎症の直接的な要因は、皮脂の過剰分泌、細菌の繁殖、毛穴の閉塞です。その原因は様々で、ホルモンバランスの変化、ストレス、食生活、睡眠不足、疲れ、乾燥などがあげられます。一般的な治療法は、抗菌薬、角質化や炎症を抑制する薬などが使われます。これらは、あくまで対症療法。繰り返さないようにする為には、生活習慣の見直しや体質改善が大切です。

◆症状の現れ方から見る漢方的要因

皮膚症状全般について、漢方的には症状の“現れ方”の情報は重要です。症状を引き起こす要因によって、肌症状の現れ方が異なってきます。

  • ○ 風 → 出たり消えたり、場所が変わる、上半身に出やすい、風や寒暖差など外気の刺激で悪化しやすい、肌の乾燥感、かゆみ
  • ○ 湿 → 浸出液が多い、艶感のある隆起、下半身に出やすい、強いかゆみ、長期化
  • ○ 熱 → 熱感、痛み、赤みがある、化膿する、上部に出やすい
  • ○ 燥 → かゆみ、肌がカサカサ、痩せている、ハリがない、秋や夜に悪化しやすい
  • ○ 瘀血→ 肌が浅黒い、痕が残る、しみができやすい、皮膚が厚くなっている

これらは、外部環境を受けて、また生活習慣などから、臓腑のバランスが崩れた結果として、生じます。実際の皮膚症状は複雑で、複数の要素が絡み合っています。

 

この方の場合は、赤み、化膿、痛みなど、“熱”による皮膚症状が強く現れていました。肌を滋養する栄養が乏しい「血虚」に加え、仕事の忙しさやストレスなど「気滞」が熱を生み、「血熱」の状態へ。さらに、気滞が血の流れを滞らせて「瘀血」もありました。そこで、熱を鎮めて解毒し(清熱解毒)、同時に、血を補って巡りを良くする(養血活血)漢方を飲んでいただきました。

◆経過

1ヶ月後 まだ赤みはあるが、少し肌の血色が良くなった。

2ヶ月後、赤みの範囲が小さくなってきた

4ヶ月後、生理前にポコポコとできるものの、肌の調子はずいぶんと良い!

半年後  私用と仕事が忙しく、漢方薬を毎日飲むのが難しい。

肌は良かったり悪かったり一進一退。

1年後  普段は良いが、疲れると吹き出物が出る。

1年半後 相変わらず忙しい。それでも肌は落ち着いている。体調も良い。

 

肌症状は、身体の中の状態が表へと現れてきたもの。日頃から内側を整えて、お仕事の忙しさにもストレスにも負けない、肌力をキープしていけると良いですね!

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 廣尾 なつみ

 

関連記事

「青ニキビ」には桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

「赤ニキビ」に温清飲と荊芥連翹湯と柴胡清肝湯の使い分け

生理前のにきびはホルモンバランス

胃腸が虚弱な人のニキビ


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
...23...198