癌と漢方 の記事一覧

抗がん剤の副作用②口内炎には半夏瀉心湯以外にも色々~飲み方にもコツ~

2017年7月12日

癌と漢方

抗がん剤の副作用②口内炎には半夏瀉心湯以外にも色々~飲み方にもコツ~

口内炎はQOLの低下を招く

がん化学放射線療法の副作用のひとつである「口内炎(こうないえん)」は、ほとんどの方が経験するものです。

精神的苦痛により食欲も落ちる方が多く、そこに抗がん剤など薬剤による食欲不振、そして口内炎という三重苦で食事がまともに食べられないというQOLの低下を招いてしまいます。

口内炎には、氷を口に含みながら治療を受ける、ステロイド塗布剤、市販薬の貼付剤などといった治療法がありますが、それでもなかなか対処しきれないのが現状だと思います。

ファーストチョイスは熱邪を取る黄連解毒湯

実は口内炎に使う漢方薬があります。漢方では口内炎を「熱邪」と捉えます。

熱を取る漢方薬の代表格は、「黄連解毒湯」です。

私の考えでは、口内炎の場合、まずは黄連解毒湯をうがいをして飲んでみて、その後の症状に応じて変えていくのがいいのではないかと思います。

黄連解毒湯=黄連・黄ごん・山梔子・黄柏の4つの生薬からなります。

この黄連解毒湯をベースにした漢方薬が色々あります。口内炎だけでなく、その他の全身状態を改善する目的で、以下の漢方薬をご紹介します。

→皮膚・喉の炎症・副鼻腔炎・目の充血などがある場合:荊芥連翹湯

→皮膚・喉の炎症、神経質な場合:柴胡清肝湯

→手足のほてり、乾燥肌、貧血がある場合:温清飲

→手足のほてりが顕著、乾燥肌、貧血、出血傾向がある場合:黄連阿膠湯

胃腸症状が出てきたら瀉心湯類

熱邪の中でも胃腸系統に熱があることを「胃熱」と言います。胃熱を取る漢方薬には「瀉心湯類」があります。

瀉心湯類は食欲不振や下痢、胃潰瘍などに良く使います。”口内炎”で調べると「半夏瀉心湯」が一番に出てくると思いますが、まずは急性期に黄連解毒湯を使用し、その後食欲不振が出てきたら、瀉心湯類にするとベストではないかと思っています。

実は同じ瀉心湯類で口内炎にもっとおすすめなのが甘草瀉心湯です。

甘草瀉心湯は半夏瀉心湯の甘草が2.5g→3.5gに増量になったもので、漢方ではより虚証(体力がない)、より神経質な方に使います。

甘草は皆さんもよくご存知の「グリチルリチン」が主成分で、抗炎症作用があります。したがって、口内炎には甘草が増量になった甘草瀉心湯のほうがよりおすすめです。おそらく、甘草瀉心湯はマニアックな漢方薬のため、粉薬を大手漢方薬メーカーが作っていないので、半夏瀉心湯が一番使われているのではないかと思います。

また、一つ注意点としては、甘草は偽アルドステロン症というむくみや全身倦怠感などの副作用が出ることがあります。腎機能が落ちている時はこの副作用が出やすいですし、抗がん剤治療中はむくみや全身倦怠感が出ることが多く、副作用と見分けがつかないということも考えられます。すでにむくみや全身倦怠感がある場合や腎機能が落ちている場合は、甘草瀉心湯は使わないほうがいいでしょう。(半夏瀉心湯にも甘草は2.5g入っているので、やはり避けたほうがいいでしょう)

陰虚の口内炎には補陰剤

口内炎の原因となる「熱邪」の中でも、陰虚による熱邪の場合は、「補陰剤」を使います。

ベーチェット病などで起こる口内炎などもこのタイプです。がん治療が長引いてくると、体が消耗し、陰虚体質になっている方も多いと思います。寝汗、微熱、ほてりなどが出やすい場合は陰虚になっている証拠です。

口の中がパサパサする、口や喉が渇く、ほてり、微熱、咳がある場合は滋陰降下湯や麦門冬湯をおすすめします。

腰痛や耳鳴り、物忘れなどがある場合は知柏地黄丸がおすすめです。

黄連解毒湯のグループで紹介した黄連阿膠湯も陰虚体質改善になります。ほてりや不眠、皮膚の乾燥、出血傾向があれば黄連阿膠湯がおすすめです。

飲み方のコツ

漢方薬はほとんど温かい煎じ薬で飲むのが一番よいとされていますが、口内炎のように熱邪の場合、冷やして服用することもあります。

特に、黄連解毒湯や甘草瀉心湯は冷たくしたものを含嗽し、患部に直接当てて、その後飲み込むのが効果的です。

黄連解毒湯は大変苦味の強い漢方薬なので、罰ゲームのような気分になるかもしれませんが、良薬口に苦しと思って頑張って飲んでいただければと思います。

 

※関連記事

抗がん剤の副作用①手足のしびれには牛車腎気丸だけじゃない

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。

余命数ヶ月のすい臓がん~病は亡くなる最後まで良くなる~

2016年11月28日

癌と漢方

余命数ヶ月のすい臓がん~病は亡くなる最後まで良くなる~

すい臓がん

82歳のお父様のことを想う娘さんから「何か漢方で癌に良いものはありますか?」との電話でした。

お話をお伺いしたところ、ガンの場所はすい臓であること。すい臓は沈黙の臓器と呼ばれて、悪くなるまでずっと沈黙している臓器と言われています。
病院の抗がん剤治療が終わったら、治療する方法がなくなりご不安があるというご様子でした。

心が見透かされるような思い

後日ご本人様と娘さんと奥様がご来店されました。
はじめてお会いした印象はご家族がご一緒ということで、ご家族にとても愛されている大切な存在なんだということ。
そして、ご本人様のしっかりとした目つきや姿勢、そして素敵な笑顔から、愛を持った方であることを感じ、だからこそ愛されているのだということを感じました。
また、同時に表現は難しいですが、心が見透かされるような思いもしました。
「ほんとうに良くなるのか?」「良くなることを信じているか?」と問われているような感覚です。
これまでの経緯をお伺いし、周りに心配をかけないようにするような気遣いや、すごく気迫のようなものを感じました。ポロっと 「いっそのこと頭がおかしくなればと思うことも…」とお話されたのがいろいろなご不安や、痛みなどの不調を感じていらっしゃることを表しているのかなとも感じました。
私は、できることをしましょう!と心よりお伝えしました。

民間療法・免疫療法

癌に対する民間療法の主流は①自分自身の免疫力を高める②自分自身の癌細胞の自然死(アポトーシス)作用を高めるという2本立てです。今回も、その2本立てでスタートすることになりました。
それから、一ヶ月ごとにご来店され、その間もお電話にてお話させていただきました。
その中で感じたのが、毎回笑い声もあり、どこか不調があっても「まあ付き合っていく」という姿勢。そして効くと思って飲んでいるということが一貫としてあったことです。ご来店の際も、ちょっと心配そうな私を逆に笑顔にしてくれるような感じもあり、また来るね(笑)。と言われて帰られるのが印象的でした。奥様が、深々とお礼をして下さるのもとても印象的でした。

最後まで保たれた気力

一ヶ月目から、よい便が出ることを感じられました。冬でも風邪をひかない。体重が減らないから効いてると思う。といった状態が続き、私がいつもそのお客様からプラスのエネルギーを頂いていたように思います。
9ヵ月後今までのようにお電話したところ、ご自宅で亡くなられたということを奥様から聞きました。それは突然のことでした。最期まで、気力を保たれていたということだと思います。
後から聞いたところ、医師には余命2~3ヶ月と言われていたそうです。

病は亡くなる最後まで良くなる

亡くなられて、2ヶ月のある日 立派な箱入りの柿が届き、その中に手紙が入っていました。
「主人には大変お世話いただき、感謝しています。漢方みず堂様のお陰で良い思い出を残すことができました。柿の管理も亡くなる一ヶ月前までできました。主人の作った柿…皆さんで召上って下さいネ。」という奥様からのものでした。

柿を有難く頂きました。「いただきます」頂いた命に感謝、そして今頂いているいろいろなものに対して、改めて感謝していただきました。

ご家族の方に「○○さんは、私の中にずっと居ます。」とお話している自分が居ました。このお客様に、恥じることのない生き方をして行こうと決めています。
「病は亡くなる最後まで良くなる」と信じています。

 

漢方みず堂杏林堂薬局ピーワンプラザ天王店 大森 康次

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

抗がん剤の副作用①手足のしびれには牛車腎気丸だけじゃない

2015年10月9日

癌と漢方

抗がん剤の副作用①手足のしびれには牛車腎気丸だけじゃない

QLife『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査

”QLifeは、独立行政法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁先生監修のもと、がんと診断された患者さんを対象にインターネットで、『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する調査を実施。2249人から回答を得た。”

以下、調査結果から漢方に関する部分を抜粋し、漢方の視点から情報を発信したいと思います。

抗がん剤の副作用で最も多いのは?

”抗がん剤経験者のうち「何らかの副作用があった」と答えたのが88.1%

上位から「倦怠感・疲れ 61.2%」「食欲不振 54.5%」「吐き気・嘔吐 53.8%」で過半数がこの3つの副作用を経験しています。

次に多いのが「手足のしびれ 31.6%」「無気力 26.6%」「口内炎 25.8%」と続きます。

特筆すべきなのは、乳がんで「手足のしびれ」と「口内炎」が、大腸・直腸がんで「手足のしびれ」が40%を越えている点です。”

抗がん剤と言っても何種類もあり、発現する副作用にも特徴があります。手足のしびれが発現する抗がん剤は、タキサン系製剤(パクリタキセル・ドセタキセルなど)、ビンカアルカロイド製剤(ビンクリスチンなど)、白金製剤(シスプラチン・カルボプラチンなど)で、乳房・大腸・直腸の抗がん剤治療で頻用されているということだと思います。

副作用軽減のために漢方は有効?

”副作用軽減目的で処方されたうち、22.6%は漢方薬が処方されています。

その中でも「手足のしびれ 41.1%」が最も多く、「吐き気・嘔吐 30.3%」「倦怠感・疲れ 24.2%」と続く。

服用した結果約6割が改善したと実感しており、西洋薬を服用した場合の効果実感と同等のものだった。”

別の調査でも約2/3の医師が抗がん剤の副作用軽減のために漢方薬を処方しているという結果があり、思いのほか漢方薬が臨床で役立っていることを嬉しく思います。

「手足のしびれ」に対してが一番多かったのは意外です。それだけ牛車腎気丸の手足のしびれに対するエビデンスデータが揃っているのでしょう。しかし、過半数が経験する「倦怠感・疲れ」「食欲不振」「吐き気・嘔吐」こそ、漢方の出番では!?と感じます。もっともっと漢方の良さが認知されれば、抗がん剤治療での苦しみが少しでも軽減されのではないかと思います。

手足のしびれには牛車腎気丸以外にもたくさんある

現在最も頻用されている牛車腎気丸についても、もっと選択肢が広くあることを知って頂きたいと感じます。

牛車腎気丸ももちろん手足のしびれに有効な漢方ではありますが、漢方はあくまでも体質によって使い分けます。もし、牛車腎気丸で手足のしびれが良くならなかった方も、もっと自分に合った漢方で改善する可能性があります。

【下半身の冷え・手よりも足のしびれがひどい・むくみ・腰痛・下半身が重だるい・尿量減少】→牛車腎気丸

【手足の冷え・足よりも手のしびれがひどい・むくみ・胃腸虚弱・下痢傾向・のぼせ】→桂枝加苓朮附湯

【手足のしびれ・遊走性のしびれ・軽度のむくみ・皮膚の乾燥・腰痛・筋肉の引きつり】→疎経活血湯

特に、抗がん剤治療中は多くの方が何らかの胃腸の不調を感じていらっしゃることから、胃腸が弱い方には不向きな牛車腎気丸や疎経活血湯よりも胃腸が弱い方にも使える桂枝加苓朮附湯のほうが重宝するのではないか?と個人的には思っています。

 

※癌のご相談承ります(相談無料)※

漢方みず堂赤坂店 0120-30-4696(年中無休/10:00~19:00)

 

※関連記事

足のむくみ・痛みに牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

抗がん剤の副作用②口内炎には半夏瀉心湯以外にも色々~飲み方にもコツ~


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
...23