胃腸と漢方 の記事一覧

風邪をきっかけに味がしない・匂いがしない

2017年3月24日

胃腸と漢方

風邪をきっかけに味がしない・匂いがしない

風邪をきっかけに匂いが分からない

最初の印象では、笑顔のたえない元気な女性!という印象でしたが、実はここ最近、味覚は少しはわかるけど、匂いがわからないという事を気にされていました。

思い当たる原因としては、3ヶ月前に風邪(咳・鼻水)をひかれ、病院に行っても良くなったり悪くなったりを繰り返している。

そして同じ時期に耳に塞がっているような感じがあり、病院での診断では中耳炎やアレルギーでしょうと言われたものの改善せず・・という状態でした。

この状況をきいて、一緒にご来店されていたお姉様はますます心配でいっぱいのご様子でした。

ご本人も、これから仕事が忙しくなるので、早く元気になっておきたい!との思いでした。

風邪を引くとなぜ味や匂いがしなくなるのか?

漢方では「傷寒論」に「少陽の病たる口苦く」「陽明の中風は口苦く」とあり、少陽病・陽明病で起こる症状です。

少陽病とは風邪を引いて発熱し4~5日経った頃のこと。症状で言うと、微熱、食欲がない、鼻詰まりなど。確かに、風邪を引いてすぐの頃よりも、数日たって熱が下がった頃に胃腸の不調や鼻詰まりがひどく、口の中が何となく苦く、味や匂いがしなくなりますよね。

こんな時は、清熱和解法と言って、炎症をとって解毒するもので改善します。その典型的な例がこちら→味覚異常・味がしない~清熱和解法~

根本的な脾胃気虚からくる味覚障害

今回の方も風邪をきっかけに症状が出ていたので、清熱和解法でもよかったかもしれません。

しかし、今回の方は体質として、華奢で食が細い、 風邪をひきやすい、寒がり(冬はカイロを全身に貼る)、汗かき、立つときに腰痛、最近動悸が時々ある、上腹部が冷たい、お腹がゴロゴロなる、寝つきが悪く夢もよくみる 、というように典型的な「虚証」でした。

元々胃腸が弱い「脾胃気虚」の方が大病などをするとさらに胃腸の働きが低下し、味がしなくなることがあります。今回もまずは根本的な胃腸の働きを元気にする漢方薬をお飲みいただきました。

時間がかかるという予想に反し

漢方をスタートされて一週間後には、落ちていた食欲が出てこられました。

20日後にはお仕事が忙しくなってきても、身体は元気に動けている状態でした。

そして1ヶ月後、中耳炎も良くなり、匂いもわかるようになられていました!

その後も疲れも出られず、元気にお仕事をされていらっしゃいます。

正直、脾から元気にしていくには時間がかかると考えていましたが、早く良い方向に向かわれたのでとても嬉しかったです。症状が長引く前にご来店頂いてよかった!!と思いました。

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 廣尾 なつみ

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

口臭の原因は胃腸にあり

2017年3月14日

胃腸と漢方

口臭の原因は胃腸にあり

気になる口臭

48歳の女性の方。

自分では分からなかったが、まわりが言っているのを聞いてしまい、口臭が気になるように。数年前から歯石を取りに行くなどもしているが、それでもまだ気になる。

また、ストレスで下痢をする事も多い。仕事のストレスが自分ではどうしようもない事なので、上手にやっていきたいが、なかなかうまくいかない。

体質は、疲れやすい、暑がり、冷え性(足)、汗かき、口中は酸っぱい感じ、食欲低下(ストレスで)、胃痛、寝つきは普通だが熟睡感はない、通じ1~3日に1回(下痢気味)、子宮筋腫で子宮全摘(1年前)、ストレスを感じやすい、我慢してしまう、気が沈みやすい、不安になりやすい、細かい所が気になる

胃と脾

漢方で消化吸収に関するのは五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中では「脾」です。五臓にそれぞれ、「腑(ふ)」という密接な関係を持つものがあり、脾は「胃」という腑と密接な関係を持ちます。よく五臓六腑といわれますよね。(腑が一つ多いのは水の通り道の三焦(さんしょう)が加わるためです)

簡単に言うと、食べたものを栄養に変えるのは「胃」の働きで、その栄養を体の隅々に配るのが「脾」と考えます。

つまり、「胃」が失調し、食べ物をうまく栄養として取り入れられないとげっぷやしゃっくり、口臭などが起こり、同時に飲食物を小腸・大腸へ送り出すことができないため、下痢が起こります。そして「脾」は体に栄養を送れず、疲れやすい、痩せる、という症状が出ます。

この脾胃の働きをコントロールしているのは「肝」です。肝は自律神経系でストレスの影響を大いに受けます。

この方もまさに、ストレスから脾胃の働きが失調している状態でした。

脾胃不和には瀉心湯(しゃしんとう)類

脾胃不和を改善する瀉心湯(しゃしんとう)類の中でも、最も虚弱な方向けの漢方薬を飲んでいただきました。

1か月後、口臭はまだ気になる、胃腸の調子は上がってきた感じがする、ストレスはまだまだ、、、

2か月後、口臭も以前より気にならなくなってきた、胃腸の調子は不調と思う事があまりないので、良くなっているのだと思う、仕事のストレスはしょうがないと思う事も出始めているがまだある

3か月後、口臭の事を考えなくなっているので、良くなったと感じる。胃腸の不調も仕事でストレスを大きく感じる時はあるが、考え方を少し楽にさせるようにトレーニング中なので、以前よりはよい、最近は便秘だと感じる

6か月後、口臭の事を考える事は全くなくなった!仕事でのストレスも周りを変えることはできないので、自分の捉え方を柔らかくできるようになってきていて以前と比べると受け流せるようになってきている

問題は心の面。

真面目で全て自分事で受け止める為、許容量をオーバーしやすい性格とのこと。それは長所として変える必要はなく、ただ、自分でできること、できないことを切り分けて、出来ない事に関しては、ひとまず横に置いておくという考え方など、来店毎にその時の仕事上でのお悩みをお伺いし、私なりの思いもお伝えし、どのような受け止め方、受け流し方をすると楽になれるかを一緒に考えていきました。
今では、以前なら不調になっていたような事でも、ある程度上手に受け流すことが出来るようになってこられたそうです。
少しずつ、自分で自分をコントロールできるようになって頂けるように、今後もご相談させて頂きます。

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

旅行や行事になると起こる腹痛・下痢

2016年9月23日

胃腸と漢方

旅行や行事になると起こる腹痛・下痢

腹痛でお悩みのお客様

30歳のころから、旅行や外出、行事ごとになると腹痛からお腹を壊す。偏頭痛がする。

お子様が幼稚園に通うようになり、お母様たちと接することが増えてきたのが、30歳のころ。そういえば人とのコミュニケーションが苦手だったかも・・・。精神的なところからと思い、心療内科で2年間治療するも、薬を飲み続けることに不安を感じ、市販の整腸剤や下痢止めでなんとかしのいでいました。

でも、「やっぱり腹痛のない生活がしたい」。大好きな旅行もトイレがどこにあるか気になり、楽しめない。また腹痛が起きるのではないかと不安になる・・・いつも不安と隣り合わせ。

それ以外にも年に2~3回、回転性のめまいで一日中寝込むことも。病院の薬も効果がない。

体質としては、疲れやすい、暑がり、のぼせ、汗かき、頭痛、たまに胃がもたれる、考え込む、お通じ1日2回下痢気味

心脾両虚

ストレスがかかるとお腹を壊す・・・という方は多いのではないでしょうか?

消化器の働きは自律神経が深く関わっているので、ストレスにより自律神経の緊張状態が続くと、消化器も過剰に動き下痢を引き起こします。人によっては胃酸の分泌が過多になり胃潰瘍などにもなります。

そうすると、消化器で食べ物からの栄養が取れなくなり、体の栄養不足が起きます。心の働きも栄養不足になり、不安感や不眠などが出やすくなります。このことを心脾両虚(しんぴりょうきょ)と呼びます。

今回の方もまさにそんな悪循環に陥っていました。多少のストレスにも負けない体を作り、消化器の働きを整え、血がしっかりと心にいきわたるような漢方薬を飲んでいただきました。

1ヶ月で旅行に!

漢方を飲み始めて1ヶ月。「温泉旅行を楽しんできました。」と嬉しそうにお話されました。1ヶ月の間、2回ほどお腹の調子が悪いこともあったけど、すぐに治った。不安感が減った。頭痛は1回だけ、寝込むほどではなかった。

2ヶ月目には、大好きなバトミントンも行けている。暑くて負けそうになったけど、大丈夫。お腹の調子は2~3回調子悪かった。食欲はある。頭痛は少しチカチカする程度。外出するときに不安な気持ちは頭をかすめるけど、気にならなくなった。

少しずつご不安が減ってこられているのが何よりです。この調子で気持ちが変われば、お体ももっと良い方向へ向かっていくと思います。

今はお子様も家を出られ、ご主人と二人暮らし。「平々凡々と暮らしています。」とお話しされていましたが、当たり前のようで、当たり前ではないと思います。日常に感謝しながら「腹痛のない生活」を目指し、一緒に寄り添っていきます。

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
...23...8